橋本弁護士と光市母子殺害事件弁護団

「たかじんのそこまで言って委員会」で述べられた、
光市・母子殺害事件の弁護団の弁護活動についての
橋本弁護士の発言です。


弁護団は「自分達は正義のために活動しているので
あり、今の日本国民・世間・メディアの方がおかし
いのだ。」と言っています。


一方、橋本弁護士は、「世間が何に対して怒ってい
るのかわかっているのか?」と問うています。


弁護団は、最高裁が指定した口頭弁論を欠席しました。
それについて弁護団は、「これは究極の弁護活動だ。」
という解答をしました。


それに対し橋本弁護士が「ではなぜ、欠席について被害
者遺族に何の相談もなかったのか。それがマナーなので
はないか?」と発言しました。


そして橋本弁護士が「何故、この弁護団の活動に、これ
だけ非難が集中するのかわかっているか?」と発言します。


弁護士は被告人の為に、無理な主張もしなければならない
かもしれない。しかし、この裁判に関して言えば一・二審
で出てこなかった主張なのに、最高裁になっていきなり
無理な主張で攻めてきた。それを世間・が「おかしい」と
思っているのではないか?


弁護団はそれに対して、「それは一・二審の弁護士がトン
チンカンだったからだ。」「一・二審でも、被告からは
今の主張の基礎は出ていた。」と言ったようです。


次に橋本弁護士が「では、一・二審の弁護士に対して主張
をするのか。」というと、「他の弁護士の当・不当に関し
ては、コメントしない。」と弁護団は述べました。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。