橋本弁護士の記者会見

光市母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告人の元少年
に対する死刑回避を訴える弁護士への懲戒請求が4000件
を超えているという。


これは、5月27日放送の関西のよみうりテレビ「たかじん
のそこまで言って委員会」の中で大阪弁護士会所属の橋本
弁護士が、「あの弁護団に対してもし許せないと思うなら、
一斉に懲戒請求をかけてもらいたい。」といった発言がき
っかけのようです。


これに対し被告人の元少年の弁護士のうち4人は橋本弁護
士のテレビでの発言が引き金となって起こった懲戒請求の
せいで業務を妨害されたと橋本弁護士を提訴しました。


弁護のあり方について弁護士同士が全面的に対決すること
になりました。


懲戒請求の数は、日弁連によると10弁護士会の4022件に
達したということです。昨年1年間での全弁護士への申
し立ては1367件ということなので凄い数であることと
いえます。


弁護団側は橋本弁護士を訴えた訴状の中で「広範な影響力
を持つテレビを通じた発言。専門家による正しい知見である
と認識されやすく、極めて悪質だ」などと述べています。


これに対し、記者会見を行った橋本弁護士は、「世間は
弁護人が被告を誘導して主張を変えさせたと思っている」
「『刑事弁護はここまでやっていいのか』と思えば弁護士
会への信用は損なわれる」と発言しました。


自身が懲戒請求しなかったことについては「世間の感覚で
出してほしかった」から言っています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。